カテゴリ:映画/テレビ( 16 )

映画大好き♪ 落下の王国



とにかく美しい・・・

emoticon-0160-movie.gif まずは、トレイラーを。 emoticon-0160-movie.gif
日本語版もありますが、ちょっと違和感があるので、オリジナルで。




美しすぎて好きっ。


縦と横にスーッと伸びるラインが強調された構図。
b0155803_23112917.jpg

b0155803_23114786.jpg



鮮烈な色彩。
b0155803_23115783.jpg



絢爛な衣装。
b0155803_2312103.jpg

b0155803_2312138.jpg

b0155803_23121581.jpg



東洋と西洋が入り混じったような・・・。

西洋でも東洋でもないような・・・。




構想26年、撮影期間4年。
13の世界遺産を含む24カ国以上で撮影されています。
b0155803_2326591.jpg

b0155803_23152728.jpg


実際にその場に行って、天候や光などの条件が揃うまで待って撮影したそうで、CGでの合成ではありません。
だからこそ、本物の迫力というか、その土地や建造物の持つ力みたいなものに圧倒されるんでしょうね。
b0155803_23153426.jpg



監督はインドのターセムという方で、CMを作る人みたいですね。
確かに、映像はCMっぽい。
この映画を、自主制作したというのですから、スゴイです。

衣装は、石岡瑛子さん。
北京オリンピック開会式の衣装デザインをされていた方です。
アカデミー賞も受賞されていますよね。

テーマ曲は、ベートーベンの7番。
この曲、この数ヶ月間ずーっと「あの曲、なんだっけ?」と考え続けていたものだったんです。
こんなところで出会えて、謎が解決できるとは。。。emoticon-0104-surprised.gif



原題は、The Fall

お話の舞台は、昔のロサンゼルスの病院。
b0155803_23155148.jpg


木から落ちて骨折して入院している女の子が手紙を落としたことがきっかけで、映画のスタントで橋から落ちて重症を負った若い男性と出会います。

女の子は好奇心旺盛で病院の中を歩き回り、一方、男性のほうは、愛する女性を主演俳優に取られ自暴自棄。
この2人が出会い、男性は、毎日、女の子におとぎ話を聞かせることになります。
b0155803_23161496.jpg


それは、悪と戦う勇者たちの、愛と復讐の壮大な物語
b0155803_23162185.jpg


目を閉じて、おとぎ話を聞きながら、遠い世界に思いを馳せていく女の子。
女の子の想像している世界が、美しい映像となって表現されています。

女の子が頭の中で見ているものなので、想像と現実とが絶妙なバランスで入り混じり、それが不思議な世界を作り出しています。
さらには、ルーマニア移民である女の子は、男性の話す英語を完全に理解できていないことで、つじつまが合わなかったり、おかしな雰囲気を醸し出しているんですね。

実はある魂胆を持ち、心の闇に落ちていく男性と、純粋におとぎ話の世界に入り込むと同時に、男性に死んだ父親への想いを重ねてゆく女の子。



んー・・・、ここまでにしておきます emoticon-0136-giggle.gif


昨日、観たんですが、今日もまだ頭の中で映像と音楽がグルグル回ってて・・・。
強烈な印象を残されてしまいました。

映画館で観たかった。






ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by cafe_banana | 2012-01-22 23:30 | 映画/テレビ | Comments(2)

衝撃のサントリーローヤル ~ガウディ&ランボー~

忘れられない・・・・
このCM。

ガウディ編


これを見たとき、子供なりに(年がバレちゃう)衝撃を受けました。
その衝撃は、もう、ホントに強烈でした。
映像もスゴイ。
音楽もスゴイ。
サントリーってスゴイ。

でも、CMって期間限定作品。
当時は、家にビデオデッキもないし、目と耳と、衝撃と、全身で記憶しておくしかなかったんですよね。

もう一度見たいっ!て、ずーっと憶えていたら、大学の頃、友達がCDを持っていることがわかって、とりあえず音楽についての情報だけは入手!

コチラが、その音楽。
CMに使われたものとは、少しアレンジが違います。

マーク・ゴールデンバーグ 鞄を持った男
b0155803_2265621.jpg



次は、映像が見たいっ。

オトナになってから(ずいぶん前ですけど)、CM業界に近いところにいる知り合いに、
 「なんとかこの映像を入手することはできないかっ」
と、何度もお願いしてみたものの、
 「もう手に入らないヨ。」
と、あっさり断られておりました。


やがて文明は発展し、ネットの世界も広がり、youtubeなるステキなツールが登場。
いとも簡単に映像を発見できてしまいました。

emoticon-0139-bow.gif文明に感謝emoticon-0139-bow.gif



好きなのはガウディ編のほうですが、コチラもイイ!

ランボー編




これらのCM。
当時、衝撃を受けた人も多かったのではないかと思います。
オトナも子供も。
今、こうして見てみてもスゴイなって思えます。
21世紀になっても色褪せてない。

ホント、スゴイ作品だと思うんです。(熱すぎますか?ワタシ。)
もうこれらは一つの作品ですから、映像と音楽がワンセット。
切り離すなんて、できません。
しちゃいけません。
(個人的な意見ですemoticon-0139-bow.gif


なのに、さっき、あるCMでランボー編の音楽が使われていました・・・emoticon-0132-envy.gif


なんでっ・・・・emoticon-0114-dull.gif




ブログランキング・にほんブログ村へ 死ぬまでに、絶対一度はバルセロナ (今日は七五調・・・)
[PR]
by cafe_banana | 2011-11-02 22:21 | 映画/テレビ | Comments(6)

映画大好き♪  仕立て屋の恋

以前使っていたHDDレコーダーの中を整理していたら、「仕立て屋の恋」が出てきました。
b0155803_0102071.jpg


仕立て屋をしている中年男性。
この気難しく友達もいないオトコが、窓の向こうの部屋に住む若い女性に恋をする。

仕事から帰って、明かりをつけない真っ暗な自分の部屋から、向かいの部屋の女性をのぞき見ている孤独な中年オトコの話です。
b0155803_0493634.jpg



でも、ここにいろんな事情が絡んでくるわけです。

・近所で殺人事件が起きる。
・わいせつ事件の前科がある中年オトコが疑われる。

と、サスペンスも入りつつ、中年オトコと女性の関係が近づく?近づかない?殺人事件の犯人は中年オトコ?な感じで話は進んでいきます。


若いときは、何度見ても、そのたびに中年オトコのせつなさに号泣していたものですが、久しぶりに見てみたら、ただのキモチワルイおじさんの話としか思えませんでした・・・emoticon-0114-dull.gif

すべてのシーンでキモチワルイんですよねぇ。
この人。
b0155803_10103.jpg

でもそれだけ、素晴らしい演技だということですよね。


予告編がありました。



もう二度と見ないな。と思ってデータを消してしまいましたけど、もう一度見たくなってきました・・・。

やっぱり、いい映画だったかな emoticon-0138-thinking.gif




ブログランキング・にほんブログ村へ
↑いつもお越しいただきありがとうございます。よろしければ、ポチっとよろしくお願いします。
[PR]
by cafe_banana | 2011-10-08 00:54 | 映画/テレビ | Comments(2)

言えない秘密

台湾映画、言えない秘密。
b0155803_21541715.jpg

昨日、テレビでやっていましたね。
何度も観ているのに、また観てしまいました。

せつなくて透明感があって、謎の多い恋愛映画。
恋愛映画にはまったく興味がないのですが、これだけは好きと言い切れる1本です。

台湾の俳優でもありミュージシャンでもあるジェイ・チョウの初監督作品。
b0155803_21424077.jpg

主演もしています。
この人、ものすごいんですってね。
CDだけでも1400万枚売り上げているとか。
映画の中でも弾いていますが、ピアノもめちゃくちゃうまい!

彼のお父さん役が、アンソニー・ウォン。
b0155803_21433918.jpg

インファナルアフェアで渋い上司を演じていた人です。
この映画でもかなりいい味出してます。
b0155803_21444139.jpg


ジェイ・チョウの恋人には、グイ・ルンメイ
b0155803_21445428.jpg

藍色夏恋に出ていましたね。


父が教師をしている高校の音楽科へ転入したシャンルン(ジェイ・チョウ)は、ピアノの音に誘われて入った演奏室で、シャオユー(グイ・ルンメイ)に出会い、恋に落ちます。
シャオユーには喘息の持病があり、学校も休みがちで授業にもほとんど出ない。
でも、2人はどんどん魅かれあっていきます。
b0155803_22294860.jpg


しかしあるとき、シャンルンの起こしてしまった出来事をきっかけにシャオユーはまったく学校に来なくなり、シャンルンは彼女に会えないまま、とうとう卒業を迎えてしまうことに。

あー、もうこれ以上は書けません。
これだけだと、ただの高校生の恋愛物語みたいですけど、実は違います。
「言えない秘密」が隠されていて、とてもせつなくて、胸が痛くなるお話です。

全編に流れる音楽、学校の外に広がる穏やかな風景の中、自転車を2人乗りして下校するシャンルンシャオユー
もう、どれもこれもがとても美しい。
b0155803_2225754.jpg

b0155803_2215353.jpg


シャオユーは、謎めいた存在です。
彼女、異質というか違和感があるんですよね。
キレイだけど、ちょっと変わってて誰とも群れないし、「きっと女子友達は1人もいないんだろうなぁ」って思わせるタイプの女子です。
(この女優さん、藍色夏恋でもそんな感じだったかもしれませんね。)

そのせいか、シャンルンと2人のラブモードなシーンも、観ているうちになんかムカついてきたりして。

でも、それを超越してしまうほど、違和感と同時に透明感が存在するシャオユーの不思議な魅力と、映画そのものの美しさで、グーッと映画の世界に引き込まれてしまいます。

映画後半の展開は、スピードが増して、一気に怒涛のラストへと向かいます。
圧巻です。

あまりに謎が多くて、2,3回観た後、あちこちのレビューを読んで、ようやく謎は解けたかな。と思うストーリー。

このせつなくて不思議な余韻と、流れるような映像や音楽の美しさが本当に印象的な映画です。


言えない秘密 オフィシャル: http://ienai-himitsu.com/index.html


ブログランキング・にほんブログ村へ
↑いつもお越しいただきありがとうございます。よろしければ、ポチっとよろしくお願いします。
[PR]
by cafe_banana | 2010-11-09 22:28 | 映画/テレビ | Comments(4)

熱海の捜査官 = ツインピークス

録画してあった「熱海の捜査官」を見終えました。
b0155803_18182036.jpg


あれ?
このシーンって、ツインピークスと同じ???
と、ようやく気づいた最終回。
調べてみると、世間の皆様の間では、第1回目の放送から話題になっていたようで・・・。

確かに emoticon-0133-wait.gif

コートを着た捜査官と保安官(南熱海署の警察官)というのも似てるし、
b0155803_18293916.jpg

b0155803_183008.jpg


そういえば、小島聖はこんな格好してた emoticon-0144-nod.gif
b0155803_18305245.jpg


考えてみれば、あれもこれも、ツインピークスっぽかった。
ちゃんと気づいていれば、もっと楽しめたのに・・・。


ツインピークスって、後半なんて、もうグダグダで、どないやねんっ。なドラマでしたけど、当時は、がっつりハマっていました。
WOWOWの一挙放送では、数時間おきにビデオテープ(!)を取り替えながら録画したな・・・。

懐かしいなー。って思われたみなさま、どうぞこちらで、懐かしい気持ちをさらに膨らませてくださいませ。





カイル・マクラクラン、かっこよかったな emoticon-0103-cool.gif
今、デスパレートな妻たちにも出ていますよね。
歳、とっちゃって。。。
時の流れを感じさせます・・・。


ブログランキング・にほんブログ村へ
チェリーパイってどんな味がするんだろ。って思っていました
[PR]
by cafe_banana | 2010-09-23 18:49 | 映画/テレビ | Comments(2)

フランス F2 素敵すぎるニュースキャスター

海外旅行先のホテルでは、テレビはつけっぱなしです。
というのも、翌日の天気予報をチェックして、服や靴、持ち物を考えなくてはいけませんemoticon-0156-rain.gifemoticon-0157-sun.gif
何時にどのチャンネルでニュースや天気予報が放送されるのかなんて、まったくわからないので、ずっとつけっぱなしなんですよね。

今年は年初に上海へ行ったっきりで、ヨーロッパへは行けず・・・。
気分だけでも♪ と、家で海外のニュースを見たりしています。
副音声の原語で。
もちろん、意味はさっぱりわかりません・・・emoticon-0122-itwasntme.gif

で、目が釘付けになってしまったのが、フランスF2のニュース。
キャスターっていうんですか?アンカー???
その男性が、まぁ、なんともフランスっぽい。

普通のシャツとネクタイとスーツなのに、なんともエレガントに見えるのはなぜでしょう?
ニュースを伝えるのには、まったく必要ないと思える色っぽさemoticon-0152-heart.gif
話し方や目線がこれまた・・・。

かっこいいと思うし、素敵だし、好きなんですけど、なんだか笑えてくるんですよねemoticon-0136-giggle.gif
どんだけ色気出すねんっ。て思うと・・・ね。

私が見ている彼のニュースは、こちら。
  NHK BS1 ワールドニュースアワー
   土曜 09:10~
   日曜 08:10~
F2以外にも、BBCやCNNなど各国のニュースを見ることができます


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
↑いつもお越しいただきありがとうございます。よろしければポチっとよろしくお願いします。


[PR]
by cafe_banana | 2009-12-23 09:17 | 映画/テレビ | Comments(8)

銀河鉄道の夜

言わずと知れた宮沢賢治の名作!
b0155803_9534266.jpg

昨日の記事にも書きましたが、とにかく美しい映画です。
公開当時、映画館へ観に行ったのですが、その幻想的な美しさと音楽、漂う雰囲気に、完全に圧倒されてしまいました。

この絵を描いている【ますむらひろし】さんは、そもそも、言葉をしゃべるネコと人間が住む不思議ワールドなマンガを描かれている方です。
私は子供の頃に何冊か読んだことがあったので、「銀河鉄道の夜」が彼の絵で映画化されると知った時、「ピッタリだ!」と思ったんですね。
「なんでネコなんだっ!」という批評もあったようですが、原作自体がどこの世界か、どこの星かわからないような設定なので、人間でなければいけないという理由もないかな。と思います。

今年の夏、テレビで放送されたのを観てみたら、残念ながらやっぱり「古臭い感」は否めないんですよね・・・。
CGが当たり前の今と比べれば、当然、画像は粗い感じがしてしまいます。
なのに、今もなお美しく感じられる不思議な映画です。
細野晴臣の音楽がさらに幻想的な空気感を強めていて、本当に素晴らしい作品だと思います。
心に残り続ける1本です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ もいっかい、宮沢賢治ネタになりますよ。ポチっとよろしくお願いします。
[PR]
by cafe_banana | 2009-11-03 10:08 | 映画/テレビ | Comments(0)

映画大好き♪ 君のためなら千回でも

何も知らずに観てみたら、素晴らしかった。という1本です。
b0155803_20492597.jpg


********* ********* ********* *********
ソ連侵攻によりアフガニスタンからアメリカに亡命し、夢であった作家デビューを果たした主人公アミール。
b0155803_2145937.jpg

彼は、少年時代に犯した罪を心に背負っていた。
その罪と向き合うため、タリバン独裁政権下の故郷アフガニスタンに戻ることを決意するのだった。


まだ、平和だった頃のアフガニスタン。
裕福な家庭の息子アミールと、その家に仕える召使の息子ハッサンは、立場の違いを超え、兄弟のように仲が良かった。
b0155803_216185.jpg

しかし、凧揚げ合戦の日に起きたある出来事をきっかけに、アミールはハッサンを避けるようになってしまう。
b0155803_2175552.jpg

その後、ソ連の侵攻によりアミールはアメリカへ亡命。
2人は仲直りをすることなく、離ればなれのまま20年の時が流れた。
ある日、アミールにアフガニスタン時代の恩人から電話が入り、彼はタリバン政権下の故郷に向かうことを決意する。
しかし、そこに待ち受けていたのは衝撃の真実だった。
********* ********* ********* *********

この映画に描かれているのは、友情、差別、罪、償い。

少年の無垢な友情は、同時にその潔癖さ、弱さゆえ、残酷なものに形を変えることもあるんですね。
その残酷な罪を背負ったまま大人になり、償おうとするのですが・・・。

2人の少年時代の街や風景の映像がとても美しく、それは彼らの心の美しさを映しているようでした。

「君のためなら千回でも」というのは、友情を表すときに使うアフガニスタンの言葉だそうです。

この映画を観た後、「君のためなら千回でも」と言おうとしても、涙が込み上げてきて、最後まで言うことができません。

まさに「秀逸」という言葉がピッタリの映画でした。


ブログランキング・にほんブログ村へ
↑久々に心打たれました。。。よろしければ、ポチっとよろしくお願いします。
[PR]
by cafe_banana | 2009-07-15 21:29 | 映画/テレビ | Comments(2)

ジャック・タチ展 開催中

映画「ぼくの伯父さん」の監督・主演のジャック・タチ。
パリでは今、ジャック・タチ展が開催されているようです。
生誕102年を記念して(100年じゃないんだ・・・)の展覧会だそうです。

彼の映画にまつわる写真、ポスター、小道具などが展示されているらしいのですが、私が見てみたいのは、「ぼくの伯父さん」に出てくるモダンなお家の模型です。

8月2日までの開催ですが、それまでにパリへは行けないですね。。。
日本でもやってくれないかな。

公式サイト↓。ヨーロッパっぽくてかわいいデザインのサイトです。
ジャック・タチ展:http://www.cinematheque.fr/fr/expositions-cinema/tati/index.html

こちらでも模型展示がされていたようです:http://www.104.fr/#fr/Artistes/A129-Villa_Arpel
思っていたより、お庭が広そう!


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
↑いつも遊びに来てくださってありがとうございます。よろしければ、ポチっとよろしくお願いします。
[PR]
by cafe_banana | 2009-06-08 23:47 | 映画/テレビ | Comments(0)

映画大好き♪ ぼくの伯父さん

b0155803_22251760.jpg

このポスターのデザインで有名ですね。
私も何度となく観ているフランス映画「ぼくの伯父さん」。
いつもボーっと(かつ真剣にemoticon-0126-nerd.gif)観ているので、ストーリーを説明しろと言われても、ん~、どんなだったっけ・・・?

セリフはほとんどなく、音楽をバックに「伯父さん」と周りの人々の日常が淡々と描かれています。
そこに、ちょこっとユーモアが散りばめられているんですね。
爆笑というより、「ふふっ♪」な笑いです。

この映画はストーリーはもとより、主人公である「伯父さん」そのものがメインでもあります。
ジャック・タチ扮する「伯父さん」、ムッシュ・ユロ。
このユロ伯父さん、自由人です。
世間のしがらみなんてものは、一切関係ありません。
パイプをくわえて、傘を持って、しましまソックスで、自由人。

50年前の映画なのですが、出てくるお家とインテリアがまさに「モダン」。
b0155803_22523757.jpg

その50年前のモダンさ、そんなものとは関係なく、あくまでも飄々としているユロ、ほのぼのとした音楽、それらすべてが観ているこちらの気持ちまで、ほわん・・とさせてくれます。
映画の中の時間の流れ方が、ゆったり、のんびり・・・。
さらに、ムッシュ・ユロの脱力感には、こちらまで力が抜けてしまいます。。。

私がむかし、家でひとりで観ていたとき、横からやってきた母が、突然バックに流れる音楽を映画と一緒に歌いだしました。
「なんで知ってんの?」と驚いたのですが、どうやら公開当時、映画と共にテーマ曲も流行ったそうです。
何十年経っても、記憶に残る音楽だったんですね。

大好きだし、何度観てもおもしろいなぁ~。と思うんですが、ソファで寝転んで観ていると、途中で必ず寝てしまう映画です emoticon-0113-sleepy.gif

ストーリーと解説:http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=3376
b0155803_2258221.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
↑いつも遊びに来てくださってありがとうございます。よろしければ、ポチっとよろしくお願いします。
[PR]
by cafe_banana | 2009-06-08 23:04 | 映画/テレビ | Comments(0)

旅と雑貨とあれこれと・・・    instagram始めました。


by cafe_banana
プロフィールを見る
画像一覧