<   2016年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

セーターの壁

中世の雰囲気がそのまま残ったようなタリンの街。

城壁に沿って、手編みのセーターを売る店が並んでいます。


通称、セーターの壁

b0155803_22211170.jpg

おばあちゃまたちが、お店の中で編み物しながらセーターだけではなく帽子やミトン、マフラームートンの小物などを売っています。

ここ、楽しみにしてたんですけど、時間がなくてゆっくり見られず。何も買えず。

寒い時期に行ったら、もっと楽しめるところだと思います。


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ040.gif


[PR]
by cafe_banana | 2016-08-20 22:36 | 2015.07 SWE,BALT,FIN | Comments(0)

エストニア タリンでランチ

タリンへGO!

b0155803_23072643.jpg



まず、ランチ。

b0155803_23072685.jpg

SPOTというレストラン。
トリップアドバイザーのタリンのレストランランキングで、現在 24位/687軒072.gif
ツアーのレストランとしては、なかなかよろしいんではないでしょーか。


店内もオシャレで、雰囲気がよかったんです。

b0155803_23072521.jpg

そして、スタッフの女の子たちが全員、めっちゃカワイイ。





このパン、おいしかったんですよねー。

b0155803_23072625.jpg

ドイツで食べた黒パンは酸っぱくて、ちょっと苦手だったんですけど、今回の北欧・バルトの旅で食べた黒いパンはどれもおいしかったです。

ガラスの器に入っているのは、確かバターではなかったような気がします。
チーズだったっけかな・・・039.gif

そして、ネズの木製バターナイフ。トレーも同じかと思います。
エストニアは、ネズの木から作られた木製品が有名で、こういったバターナイフやカトラリーは、お土産屋さんにもたくさん売られていました。
抗菌作用があるそうで、バターが長持ちするとか。

ネズの木って、精油でおなじみのジュニパーなんですね。
足のマッサージに使うと、むくみが取れて引き締まるという・・・。

んー、やっぱり、バターナイフ、買ってくればよかったな。と後悔中。



次、メイン。

b0155803_23072513.jpg

チキンとお野菜とご飯。
これもおいしかったです。
ワタシ、こういう風にワンプレートで、全部がソースまみれになって、なんだかグチャグチャした感じって、全然平気なんですけど、苦手な人にはツライ食事ですね。


デザート。

b0155803_23072580.jpg
さっぱり記憶にありませんが、おいしかったような気もします・・・。

こういうクリーム系(アイスクリームではない)のデザートがよく出てきましたが、日本ではイマイチ馴染みがない感じのもので、おいしいのかどうかすらよくわからないという不思議な思いで食事を終える毎日でした。


写真がすべて 暗いのは、店内が暗いからでした (補正しないことにしました)040.gif

b0155803_23072508.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ040.gif




[PR]
by cafe_banana | 2016-08-16 00:00 | 2015.07 SWE,BALT,FIN | Comments(0)

踊る兵馬俑♪

「永遠」を守るための軍団、参上。

という「始皇帝と大兵馬俑」展に行ってきました。

b0155803_07584202.jpg

マンガ「キングダム」ともコラボ。
作者のサインもありました。

b0155803_07584600.jpg


むかしから兵馬俑には興味があって、いつかは中国へ見に行ってみたいと思っていたんですが、大阪で見ることができました!
うれしい♪

展示を順に進んで行って、次の部屋へ。と思ったら、いきなり空間が広がり、そこに兵馬俑が!

「わーっ!!!」と、思わず声が出ましたー。
声を上げていたのは、ワタシだけじゃなかったんですけどね。

ずっとずっと見たかったから、ほんと、感動しました。
スゴイんですよ。やっぱり。迫力というのか、”圧”というのか。

顔はもちろん、服装も髪型も一人一人違っています。
髪なんて、編んでまとめて。ってめっちゃ細かいんですよね。
正面に立ってみると、目が合う俑もいたりして。(コワイ)


兵馬俑抗を再現したところは、撮影自由。もちろんレプリカ。

b0155803_07582711.jpg

後ろのほうの人、笑ってるんじゃ・・・

b0155803_07583600.jpg

見応えあったー。
いい展覧会でした。


さて、家に帰ってからもお楽しみは続きます。

チラシにスマホ(朝日新聞のアプリ)をかざしてみると・・・


ぶぉんッ!!!

b0155803_08040497.jpg

兵馬俑が飛び出てきて・・・

b0155803_08065034.jpg

なんと、踊りだす~060.gif (音楽は鳴りません)

b0155803_08075273.jpg

b0155803_08073735.jpg

b0155803_08092105.jpg

b0155803_08094148.jpg

踊っているのは「将軍俑」と呼ばれる位の高い高級武官。軍団の指揮命令者です。

お顔立ちも、他の俑に比べると、知的で上品。

b0155803_08121955.jpg


特別展「始皇帝と大兵馬俑」: http://heibayou.jp/

東京国立博物館研究員ブログ「始皇帝と大兵馬俑」: http://www.tnm.jp/modules/rblog/index.php/1/category/72 


ブログランキング・にほんブログ村へ
↑いつもお越しいただきありがとうございます。よろしければ、ポチっとよろしくお願いします。
[PR]
by cafe_banana | 2016-08-13 08:26 | おでかけ | Comments(0)

バルトみやげ

バルトと言えば、雑貨、リネン、ミトン・・・と、いろいろ狙っていたものはあったのですが、買ったのはお菓子とコレだけ。

b0155803_15241240.jpg

リガでは、こういった布製のテープがたくさん売られていたので、買って帰って自分でアレンジして使おうかと思ったのですが、結局ブレスレットになったものを買うことにしました。

琥珀も有名なんですよね。買ってませんけど。

リネンも買いたかったのですが、意外とお高いのと、これといって欲しい感じのものが見つからなかったということで、まったく買わず。
まぁそもそも、「リネン」な感じの生活スタイルでもないということが大きかったのかも。

参考情報ですが、バルトのリネンは、安いのはリトアニア、高いけどセンスがいいのはエストニアなのだそうです034.gif

どこの国でも地域でも同じなのかな023.gif
北へ行くほど、いい感じになっていく。

スイスでは、標高によっておみやげの値段は変わっていってましたけど。
標高が高くなれば、お値段も高く。
わかってはいるものの、やっぱり頂上で買いたいんですよね~。
記念だから。とか言って。





にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ040.gif



[PR]
by cafe_banana | 2016-08-12 15:39 | 2015.07 SWE,BALT,FIN | Comments(0)

リガ旧市街 ぶらぶら -4- ブレーメンの音楽隊とか3兄弟の家とか・・・

なんで、ここに?

b0155803_14553801.jpg

と思ったら、ブレーメンは姉妹都市なんだとか。

b0155803_14554753.jpg

にしても、下の3匹の顔がコワ過ぎる。

b0155803_14562318.jpg

b0155803_14562359.jpg

b0155803_14562323.jpg
夢に出てきたら、ごめんなさい040.gif



そして、こちらが有名な3人兄弟の家。

b0155803_14562947.jpg

それぞれ、違った時代・違った様式で建てられていて、向かって右が一番古く、15世紀のもの。
リガ最古の石造りの家で、ゴシック様式が取り入れられているそうです。
真ん中は、17世紀のオランダの様式。
左側は、17世紀、バロック様式にて建てられた家です。

時代によって税金のかけられ方が違っていたらしく、窓が小さかったり、間口が狭かったり。

そういえば、いちばん右側の家の前で、ホルンを吹いているオジサンがいてたけど、あれは何だったんだろう?



リガでは、もうちょっとあちこちを見たのですが、そろそろエストニアに入ります。




にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ040.gif


[PR]
by cafe_banana | 2016-08-12 15:13 | 2015.07 SWE,BALT,FIN | Comments(0)

リガ旧市街 ぶらぶら -3- 悲しいコワイ伝説の門

リガは、美しい街並みですが、こんなものもありました。

b0155803_10224885.jpg


さらに、こちらは火薬塔。

b0155803_10223871.jpg

今は、軍事博物館になっています。


さらにぶらぶら歩いていると、あ、駐車場で見た民族衣装ガールズ

b0155803_10363833.jpg
フツーに7頭身ぐらいあるんじゃ・・・?





スウェーデン統治時代に作られた門。

b0155803_10450181.jpg

スウェーデン兵士がよく使っていたため、スウェーデン門と呼ばれています。

当時、リガの女性は外国人との交際は認められていなかったのですが、スウェーデン人と恋に落ちた若い女性が、この門でその彼と会うようになったのだそうです。
しかし、それは許されないこと。
その女性は、罰として壁に埋め込められてしまったのだとか・・・

ヒーッ!!!

コワ過ぎるーっ!


とはいえ、現在では門をくぐると幸せが訪れると言われているようで(そりゃ、そうでもしないと、誰も通らなくなるヨ)、私もくぐりましたけど、今のところ何の変化も起こっておりません057.gif



くぐってみた反対側。

b0155803_10550419.jpg

おぉ、ガールズ!!



b0155803_10551005.jpg

わー、手を振ってくれたー。

ありがとー。




にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ040.gif


[PR]
by cafe_banana | 2016-08-06 11:02 | 2015.07 SWE,BALT,FIN | Comments(0)

旅と雑貨とあれこれと・・・    instagram始めました。


by cafe_banana
プロフィールを見る
画像一覧